3/8,山下工研,(9.5mm)差込,Koken,Ko-ken,ギヤ歯数72,DIY、工具 , 道具、工具 , ドライバー、レンチ , スパナ、レンチ , ラチェットハンドル,/lin1933439.html,ラチェットハンドル,3726Z,コーケン,/,3870円,fukubukuro.xyz,首振り,Z-EAL 3/8,山下工研,(9.5mm)差込,Koken,Ko-ken,ギヤ歯数72,DIY、工具 , 道具、工具 , ドライバー、レンチ , スパナ、レンチ , ラチェットハンドル,/lin1933439.html,ラチェットハンドル,3726Z,コーケン,/,3870円,fukubukuro.xyz,首振り,Z-EAL 3870円 Ko-ken 3726Z Z-EAL 3/8 (9.5mm)差込 首振り ラチェットハンドル ギヤ歯数72 コーケン Koken / 山下工研 DIY、工具 道具、工具 ドライバー、レンチ スパナ、レンチ ラチェットハンドル Ko-ken Seasonal Wrap入荷 3726Z Z-EAL 3 8 9.5mm 差込 ギヤ歯数72 ラチェットハンドル 首振り 山下工研 コーケン Koken 3870円 Ko-ken 3726Z Z-EAL 3/8 (9.5mm)差込 首振り ラチェットハンドル ギヤ歯数72 コーケン Koken / 山下工研 DIY、工具 道具、工具 ドライバー、レンチ スパナ、レンチ ラチェットハンドル Ko-ken Seasonal Wrap入荷 3726Z Z-EAL 3 8 9.5mm 差込 ギヤ歯数72 ラチェットハンドル 首振り 山下工研 コーケン Koken

Ko-ken Seasonal Wrap入荷 3726Z Z-EAL 3 【日本産】 8 9.5mm 差込 ギヤ歯数72 ラチェットハンドル 首振り 山下工研 コーケン Koken

Ko-ken 3726Z Z-EAL 3/8 (9.5mm)差込 首振り ラチェットハンドル ギヤ歯数72 コーケン Koken / 山下工研

3870円

Ko-ken 3726Z Z-EAL 3/8 (9.5mm)差込 首振り ラチェットハンドル ギヤ歯数72 コーケン Koken / 山下工研

センターロック付フレックスタイプ 全長 178mm 新次元の操作感。新構造72歯ギヤラチェットハンドル Ko-kenのラチェットハンドルの特徴である「空転トルクの軽さ」にこだわった構造のラチェット機構を開発。現在市場に多く普及している一体型の爪でギヤを押し上げる構造のラチェット機構に対して圧倒的な空転の軽さを実現。従来の2枚爪方式と同レベルの空転トルクです。Ko-kenの考える理想のラチェットハンドルの条件である「作業の最初から最後までラチェット機構が機能する空転トルクの軽さ」と、「振り幅の取りにくい場所でも作業が可能な72歯ギヤ」、ソケット類同様「コンバクトなヘッド周り設計」とを高次元で融合させることに成功した新型ラチェットハンドルです。エラストマーグリップグリップには上質な握り心地と磨耗/油脂類に対する耐性を兼ね備えたエラストマー樹脂をハンドル本体に直接インジェクション成型。酷使によるグリップの抜けや空回リといったトラブルを防止しています。【ZEAL3726Z】

 コーケンブランド
 株式会社山下工業研究所
  (山下工研 YAMA-SHITA KoKen)製品

Ko-ken 3726Z Z-EAL 3/8 (9.5mm)差込 首振り ラチェットハンドル ギヤ歯数72 コーケン Koken / 山下工研

  • 「危ないから向こういってろ(Please keep away!)」山崎開平氏(環境科学院写真コンテスト2020最優秀賞)
    電磁誘導式氷厚計をスノーモービルで引きながら、積雪深・氷厚を測定している最中。普段は愛らしいだけで無害のアデリーペンギンだが、このときばかりは別。

  • 「寒さに耐えながら」中川智裕氏(環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    サケの産卵床に⼈⼯孵化のサケ卵を埋め、それを取り出しています。真冬の川の中は凍てつく寒さです。その⽔の中に⼿を⼊れます。寒さに耐えながらも、研究への熱い思いは決して絶えません。

  • 「Social distancing and solidarity 2020」内海俊介氏(環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    2020年7⽉1⽇、ソーシャルディスタンスで野外実験のセットアップ

  • 「贅沢な時間」重枝絢氏 (環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    空が⾚くなり始める前に作業が終わった時の⼀枚。快晴の空と⼼地よい気温の中、雄⼤な 景⾊をじっくりと眺めることができるのは、調査の中で貴重なひとときである。

  • 「初回講習のようす」井口誼美氏(環境科学院写真コンテスト2020カバーフォト賞)
    私のラボでは様々な機器を⽤いて実験を進めていくのですが、測定のために遠征することも多々あります。ちなみにこの機械は2000万円越えという⾮常に⾼価な機械でいつも使う時は緊張します。

Public Activities

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University